PHINGERIN

フィンガリン

PHINGERIN(フィンガリン)は2009年に、 デザイナー Tomoyuki Kobayashi が原宿周辺でドレスシャツ生地を使用したシンプルなパジャマを手売りすることからスタートしました。

現在では創業当時からマイナーなアップデートをしつづけているパジャマのパターンをパジャマ以外のウェアにも落とし込み、”Relax, Light, Modern” を基本のテーマに、カジュアルウェア全般をレーベルとして運営しています。 Hand made よりも繊細で注意が行き届いた、finger made in philosophy(=phingerin)であるという事にこだわり、洋服そのものディテールはもちろん、ブランドそのものが影響を受けたカルチャーなど誰にも気づかれない、でも気づくとより生活が楽しめる仕掛けまでをアイテムに落とし込みようなものづくりを心がけています。

作成しているアイテムは、ヘッドギアからフットウェアまで多岐に渡りますが、全てパジャマを作る上での理念が基本に据えられています。 パジャマ、トップスにはブランドネームは付かず、唯一の目印として「ストローク」と呼ばれる赤いリボンテープがポケットや袖下に斜めに配置されます。

全7商品

BRAND

ショッピングガイド